東北マツダ | 健康宣言

健康宣言

東北マツダの“健康宣言”

当社は、従業員とその家族の心身の健康を重要な経営資源の一つと捉え
積極的に健康維持・増進を図ることにより
従業員一人一人がいきいきと豊かで快適・健康な社会生活を送り
地域経済の発展に貢献する会社を目指します。

代表取締役 池田 保之

「健康経営」の推進体制と戦略マップについて

弊社は「健康経営」推進の責任者を経営トップとし、人事総務グループが健康経営推進として
健康に関する様々な取組を社内外に展開する体制を整えていきます。
また、健康経営戦略マップを定め、健康投資による具体的効果を検証していきます。

推進体制

健康経営戦略MAPはこちら 〉

健康経営推進施策〈指標と目標値〉

健康経営推進施策〈指標と目標値〉

東北マツダの具体的な取組

定期健康診断100%受診の推進をします

健康維持の基本として100%受診のため、
社員一人ひとりにきめ細かいフォローを実施します。

健康診断後のアフターフォロー及び
指導を推進します

診断結果を確認し、要治療&要注意社員に対して、
再受診を強く促進し疾病の重篤化の防止に努めます。

時間外労働の削減を促進します

仕事の平準化を推進することで時間外労働の削減に努めます。
半日有給休暇制度等の活用により社員一人ひとりの
ライフスタイルに合わせた休日取得を推進します。

ストレスチェックを100%実施します

心の健康を保つため、
また心の病の早期発見のため100%実施します。

熱中症対策(飲料水配布等)を実施します

屋内外とも、過度に暑い時は適度な水分補給を促進し、
熱中症を予防します。また、休憩も適宜取るようにし、
無理のない職場環境をつくります。

感染予防(インフルエンザ予防接種など)に
向けた取組を実施します

各種予防接種の実施を促進します。
またエリアで発生した感染症への啓発&予防活動を実施します。

受動喫煙防止推進による
禁煙環境を広げます

禁煙者への配慮を厳格とするために職場の分煙化、
社用車の禁煙化を実施し、更に継続的に喫煙者への
禁煙働きかけを行います。